お試し電子タバコに最適【Easy VAPE】Rainbow(レインボー)レビュー

ベプログがVAPE用品をプロデュース!?

VAPERなら誰もが知っているべプログさんが、なんと新しくPODタイプのVAPEをプロデュースしました。

その名もRainbow(レインボー)。

アトマイザーをプロデュースするのは、海外YouTuberの間で流行っていますし、なんならオフィスエッジさんもアトマイザーをプロデュースしてました。

ただ、VAPEデバイスそのものを開発するというのはなかなか聞きません。

かなり力を入れて開発されたのか、至るところに「べプログ 」の文字が見られます。笑

化粧箱にもバッチリ「Vapelog」の文字。

このべプログプロデュースのRainbowの売りは、当サイトのメインでもあるコスパです。

初期費用も維持費も安く使うことができるという触れ込みです。

果たして、べプログプロデュースは吉と出るか凶と出るか、中身を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
Posted by Google Adsense


付属品

  • Rainbow本体
  • 充電用USBケーブル
  • 交換用POD
  • リキッドチャージ説明書
  • 取扱説明(書)←化粧箱の中身に印刷

もしかすると直感的に分かるのかもしれませんが、説明が化粧箱の背面に印刷されています。

もちろん、日本語表記です。

特に難解な表現やVAPE特有の言い回しなどは書いてありませんでしたので、読めば理解できると思います。

これがリキチャ方法を説明している紙です。

裏面は絵もついていて分かりやすいです。

大体の使い方は分かりましたので、いよいよ本体をイジっていきましょう。

本体詳細

コイルパーツ

説明書通りにドリップチップ(咥える部分)が外れます。

シリコンパーツもキツすぎず緩すぎず、手で簡単に取り外し可能です。

このシリコンパーツで抑えられていた左右どちらの穴からもリキッドを入れることができます。

底の部分は電極と真ん中に穴が空いています。

この穴からエアを取り込む設計になっているようです。

空吸いしてみると、紙巻たばこの重さほどではないですが、十分MTL(タバコ吸い)運用かなと。

ただ、もうちょっと、ほんのもうちょっとだけ絞ってもよかった感はあります。

本体部分

本体とPODの接続部分です。

電極の横に丸いポッチが2つ確認できます。

実はこれ、磁石なんだそう。

そういえば、POD側にも両脇に丸い何かが確認できます。

この磁石でPODと本体の接続を維持しています。

唇で挟んでPODを取り外してやろうと思わなければ、吸っている途中で外れることはないでしょう。

逆さまにして振ってみましたが、そんなことでは取れませんでした。

本体にももちろんベプログのロゴ。

そして、本体底部には充電用ソケットが確認できます。

これぞRainbowの由来、七色のインジケーター

吸っている途中の電子タバコの挙動って気になります?

個人的には、電源が入っていてきちんと動作していることが分かれば十分だと思っています。

その点、Rainbowはしっかりと「見て!ほらっ、吸ってるでしょ!見て見て!光ってる!!」と全力でアピールしてくれます。

このロゴの下にある透明のプラスチックの部分が、吸っている最中にレインボーに光り輝きます

とは言え、そこまでチカチカうるさいライティングでもありませんし、気になる人は手で覆い隠すことも可能です。

横にある3つのライトは、バッテリー残量を示しています。

リキチャ方法

何も難しいことはありません。

この穴に向かってリキッドを入れるだけです。

空気圧の関係で、シリコンパーツは必ず取り外して、両穴を開放した状態でリキチャしてください。

さて、いざ実食!

まとめ

懸念していた吸いごたえですが、やはりもう少しドローが重たいとタバコに近い吸いごたえだったかなぁと思います。

口内の負圧だけで吸い込むには、ちょっと物足りないので、軽くDL気味に吸うのもありかも。

そして、オートスイッチなのでどうしようもありませんが、吸い始めのコンマ数秒、ミストが発生していない時間帯があります。

結果として、吸い始めの間は空気だけを吸い込んでしまうかもしれません。

そういう時はタバコの火種を復活させるが如く、スパスパっと吸引してあげればミストがブワッと立ち上がってきます。

味に関しては、出ていないわけではないですし、特別出ているというわけでもありません。

ただ、『電子タバコ』の代表格ともいえるエミリやMalleよりは断然リキッドの味を楽しめます。

個人的には、見た目だけタバコに似せた変な電子タバコを吸うよりは、PODタイプをオススメします。

初期投資もランニングコストも低い

「な〜んだ、よくあるPODタイプじゃん」と思ったアナタヘ。

交換用PODの価格をご覧ください。

ベプログ公式のランニングコスト比較表を添付しています。

破格でしょ?

「リキッドの種類によってはランニングコストをもっと安くすることも可能です」というのは、ガンクというカスの付きにくいリキッドを吸うことによって、コイル寿命を延ばすことができるということです。

初期投資も、ベプログの国産リキッドが2つも付いて3000円から始めることができます。

ランニングコストはご覧のとおり。

電子タバコを始める方はもちろんのこと、持ち運びVAPEを探していたVAPERにもオススメできるセットとなっております。

付属のベプログリキッド

以下に付属で選択できるベプログリキッドのレビューを掲載しますので、選ぶ際には参考にしていただけるといいかと思います。

Easy VAPEのプロデュースと同時に発売されたベプログ開発のリキッド、通称ベプリキのレビューです。一発目は電子タバコというぐらいですから、煙草に近い感覚で吸えるかもしれないタバコ味リキッドから。元喫煙者として、煙草との違いについても触れながらレビューしていきたいと思います。
ベプログリキッドのバニラタバコ味のレビューです。何を隠そう、タバコリキッド好きのベプログスタッフが「美味い」と唸るほどのリキッドなのだそうです。そんなことを言われると期待しちゃいますね。果たしてその実力や如何に。
巨峰メンソールというネーミングから、あるリキッド名を連想する人も少なくないハズ。おそらくマスカットメンソールで有名なスノフリを意識して作成されたであろうベプログリキッド、巨峰メンソールのレビューです。

買うならここで!

ベプログショップ

交換用コイル5個セット

必ず必要になるものなので、交換用コイルも一つぐらい一緒に購入しておくのも手かと思います。

【楽天】Rainbow【楽天】Rainbow専用交換用カートリッジ 5個セット

スポンサーリンク
Posted by Google Adsense