60% Off Sitewide, 5-10 Fast Delivery 

PloomTech互換機に最適【Vapelog】プルームテック対応カートリッジセットレビュー

電子タバコ、PloomTechの問題点を解消!

2018年10月よりタバコ税の増税により、電子タバコや加熱式タバコへの移行を検討する方が増えてきたようです。

その中で、最もVAPEに近い存在であるPloomTechを検討されている方も多いはず。

つい先日も、PloomTechを使用することで禁煙とほぼ同程度の効果が見込めるという報道もなされ、健康を気にしながらもタバコを楽しむ方法も増えてきました。

JTは9日、加熱式たばこ「プルーム・テック」に関する調査結果を発表した。使用時の健康懸念物質量は、禁煙した場合と同等水準まで削減できたという。一方、ニコチンについては禁煙時に比べ、減少幅は半分程度だった

ただ、使って分かるPloomTechの問題点。

  1. 結構すぐ充電がなくなる
  2. キックはあるけど、味があまりしない

この2点さえクリアできれば、結構な禁煙補助デバイスになるんですが…。

私も過去にPloomTechを使用していましたが、すぐにVAPEに移行して今に至ります。

スポンサーリンク
もしも



そんなあなたに、EasyVape Rainbow&PloomTech対応カートリッジ

そんなPloomTechの弱点を克服したデバイスが、EasyVape Rainbow(イージーベイプ レインボー)です。

電池容量もPloomTechの約2倍にアップして、味も色々な味に変化させることができる優れもの。

PloomTechを使用していない人にはマユツバに聞こえるでしょうが、使ってみれば分かるとしか言いようがないのが悲しいところではあります。

PloomTech対応カートリッジ

今回の目玉であるPloomTech対応カートリッジの紹介から進めていきたいと思います。

ひと箱に5つのカートリッジが入っています。

中をよく見てみると、コイルのようなものが見え…ませんね(笑)

写真では見にくいかもしれませんが、肉眼ではコイルのようなものが確認できます。

このコイルの熱を利用してリキッドを加熱し、ミストとして排出してくれます。

原理はPloomTechと同じです。

黒い部分を取り外すとゴム製のパーツがあります。

その穴の部分からリキッドという味とミストの元となる液体を注入します。

キャップを元に戻し、穴の中にPloomTechのタバコカプセルを差し込みます。

スポッっと納まって、カートリッジの準備はこれで終了です。

EasyVape Rainbow

本体の方は、新色のパールホワイトとブラックの2色展開です。

ブラックは以前のものなので、ロゴが微妙にダサく見えますが、現在はオシャレなものにリニューアルされています。

新しい方のロゴはこんな感じに仕上がっています。

キラキラときらめくパールホワイトの塗装も確認してもらえるかと思います。

パールホワイトのセットアップがPloomTech対応カートリッジ、ブラックのセットアップがリキッドのみを楽しむためのカートリッジです。

やはり大きさはタバコカプセル分だけ長くなってしまいますが、それでも著しくバランスを損なうような見た目にはなっていません。

基本的には充電してカートリッジを差し込むだけで使用できますが、本体の詳しい使用方法を知りたい方はこちらの記事を参考に。

電子タバコを始めるにあたって気になるのが、初期投資の額とランニングコスト。正直、VAPEというものを0から始めようと思うと結構な初期投資が必要となります。そういった心配事を解消しながら電子タバコを始めるなら、このRainbowがオススメです。禁煙、減煙サポートに。そして、VAPEの世界へようこそ。

色々な味を楽しもう

肝心の味の変化の部分ですが、リキッドというもので変化をつけることができます。

それこそ星の数ほどありますので、好みに合ったものを選択されるのが一番です。

PloomTechで足りないタバコ感を感じたい方にとっては、タバコ風味のリキッドがオススメ。

私が今まで試した中で最もタバコっぽいリキッドは、以下の2点でしょう。

たばこ税が増税される度に巻き起こる禁煙ブーム。頭では分かっていても、長年親しんだタバコの味は忘れられません。「タバコの代用品があればなぁ」とお探しのあなたに自身を持っておすすめしたい電子タバコ(VAPE)用リキッド。たばこ味の何かを探しているなら、タバコリッチが最適です。
10月1日よりまたタバコ税が増税になり、世の喫煙者のお財布事情を圧迫しています。今までの電子タバコはどうしても電子タバコっぽさが抜けず、紙巻タバコ特有の香りが忘れられない人にとって移行の妨げになっていたことでしょう。今回レビューするSarome Tokyoは言わずと知れた喫煙具メーカー。紙巻独特の香り漂う本格派タバコリキッドです。

VAPEのいいところは、リキッドと本体の充電さえあれば煙のようなもの(ミスト)はいくらでも発生するというところ。

PloomTechのタバコカプセルに効果がなくなったとしても、それなりの味や雰囲気は引き続き楽しむことができます。

そうは言っても、よくよく考えて

販売元のベプログさんの画像を借りますが、かなり安く運用できるようです。

ev-p8

また、各種メディアでも取り上げられるほど注目されているデバイスなのだそう。

本当に最近は色々なPloomTech対応デバイスが発売されています。

PloomTechだけでなく、iQos対応のものやgloに対応しているものまで様々です。

自分の目的に合ったものをチョイスして、減煙や禁煙のサポートとしてお使いください。

買うならここで!

ベプログショップ

PloomTech専用カートリッジのみ

日本ブログ村
スポンサーリンク
もしも



シェアしてみる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Health Cabin Special Coupon

スポンサーリンク
もしも