Health Cabin 9th Anniversary

Coupon Code : aspire25   Date: 14-20

ego AIOをMODで使う!?【Joyetech】Cubis Proレビュー

VAPEを始めたころは、漏れない&初心者向けということでego AIOを愛用していました。

ですが、半年ほど使用したところで全く通電しなくなってしまいました。

二代目ego AIOを購入しましたが、これもまたすぐに壊れてしまいました。

対して高くはないのですが、こうも頻繁に壊れてしまうと気がめいるということで、ego AIOのコイルと互換性のあるクリアロマイザー、Cubis Proを購入することにしました。

こちらの売り文句は「漏れないクリアロ」

数か月外出用として利用していますが、いまだかつて漏れたことはありません。

スポンサーリンク
Posted by Google Adsense


付属品

スピットバック防止ドリップチップ、QCS コイル(0.25Ω)、LVC Clapton コイル(1.5Ω)、Notch コイル(0.25Ω)、SS316(0.5Ω)、コットン、予備O-ring

たくさん付属品がついていますので、ちょっとずつ紹介します。

スピットバック防止ドリップチップ

ego AIOにもついていた、らせん状になっているドリップチップ。

使用したこともありますが、らせんの部分でミストが液化してしまい、ジュルジュルになるorポケットやカバン内で液化リキッドが垂れてきました。

なので、個人的には使わない主義です。

ですが、意外や意外、ちまたではこのドリチだけを買い求める人もいるみたいですね。

VAPE用 Joyetech eGo AIO 純正 スパイラルマウスピース 510スレッド ドリップチップ★ベイプ(電子タバコ) スピットバック防止ドリチ【新品★未使用品】

QCS コイル(0.25Ω)

CUBIS Pro Atomizer

Quick Charge Systemの頭文字をとって、QCSなのだそうです。

簡単に言えば、コイルヘッドのコットン交換ができますよというもの。

Cubis Proって、持ち運び用に開発されたクリアロだと思うのですが、0.25Ωの低抵抗はミスト量的にもバッテリー的にも外出用ではない気が…、と言うのはヤボですね。

ですが、コットン交換はかつてやらかしたこともありますので、あんまりやってみる気がしません。

みんな大好きego AIO。でも、意外とコイル代もバカになりません。今回は実験的にego AIOのコイルをリビルド、そして、リウィックまでしてみました。

LVC Clapton コイル(1.5Ω)

CUBIS Pro Atomizer

Liquid Valve Controlの頭文字。

いわゆるジュースチャンネル(コットンに流れるリキッドの量を調整・遮断するもの)ですね。

一瞬「おお!画期的ぃ~!」と思いました。

が、そもそも漏れない構造にしてくれているということに加えて、いったんリキッドでベタベタになったコイルヘッドを触らなければならないので、開きっぱなしになるでしょう。笑

Notch コイル(0.25Ω)

CUBIS Pro Atomizer

このコイルが売りに出されたときにとても話題になりました。

ワイヤーコイル以外の選択肢が生まれたことで、VAPEが大きく進化すると思われました。

ですが、今となってはノッチコイルのノの字も聞きません。

それに外出先で30W以上かけてVAPEしてたら、シングルバッテリーならあっという間に電池切れになって…、と言うのはヤボですね。

SS316(0.5Ω)

なんだかんだで、これぐらいが一番いいんですよね。

味もミストもちょどいい感じ。

エアフロー

↑これが全開

↑これが全閉

分かんないですよね…笑

全開で吸ってみた感じは、少しの抵抗を感じる程度。←これも分からないですよね笑

オシャレな喫茶店などで細いストローみたことありません?

「ストロー 細い」の画像検索結果

これを口にくわえながら空気を吸っている感じです。←これが言葉で伝えるエアフローの限界…笑

締めるとほぼ吸えないぐらいに調整が効きます。

コイルとエアフローによって、MTLとDLを使い分けられます。

タンク構造

エアフローの部分をもって回すと、コイル装着部分が外れます。

タンク側はこんな感じ↓

ego AIOと同じで、MAXラインまで横から見ながらリキッド入れないといけないと思うでしょう?

違うんです!

赤の矢印部分を持って回すと…

見たことあるやーつ。

トップフィルになってます。

真ん中の穴はミストの通り道、上下の小さな穴はエアーの通り道ですので、リキチャの際は左右に開いた大きな穴からどうぞ。

リキッド保有も4mlと普通の吸い方をしていれば、数日持ちそうな量が入ります。

コイル

国内

コイルの入手性は、他のクリアロに比べて圧倒的に有利です。

VAPEショップなら大体置いていますし、楽天・Amazonでも簡単に手に入ります。

なにより、コイルが4つも付いてきますので、買って数週間はそれぞれのコイルをお試しで使うことができますね。


楽天


電子タバコ Joyetech eGo AIO コイルヘッド (BF SS316 1.0Ω) 5個

海外

海外でもego AIOは、最初の1台として人気があるようです。

私が探したところですと、FastTechが最も安く手に入れられると思います。

FastTech 0.6Ω

5個セットで$4ですから、約500円。

GearBest 0.6Ω

大体800円ほどです。

海外通販は安く手に入れられる分、無料配送だと到着まで約1か月ほどかかります。笑

実際に使ってみて

当然ですが、漏れません。

本当にこれは持ち運び用VAPEとしては優秀です。

ego AIOではエアフローの全閉・全開でほとんど差を感じませんでしたが、Cubis Proはしっかりと調整が効きます。

味に関して言えば、トップエアフローですのでRDAのようにはいきませんが、十分に美味しいレベルの味はでます。

ある程度の味が期待できて、漏れずに快適にVAPEできますので、非常に優秀なクリアロであると感じています。

VAPE持ってお出かけしたい~~~、でも、詰替リキッドとかも持ちたくない~~~

というわがままVAPERにオススメできるクリアロのレビューでした。

買うならここで

GearBest

FastTech

楽天

Amazon

スポンサーリンク
Posted by Google Adsense


シェアしてみる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Health Cabin Special Coupon



 

スポンサーリンク
Posted by Google Adsense