コスパVAPER必見!早くて安くて美味いの【Oumier】VLS RDAレビュー

シングルでもデュアルでも、縦置きでも横置きでも

Oumier(ウーミエアー←読み慣れない)と言えば、VAPERならほとんど誰もが持っているWasp Nanoで大ヒットを飛ばしたメーカーです。

そんなOumier(ウーミエアー←大宮って読みそうになる)から、少し前に発売されたゴツくて特殊なRDA、VLS(ヴイエルエス)をご紹介。

このRDA、見た目はものすごくゴツゴツしてるのですが、縦でも横でもコイルは置けるし、シングルコイルでもデュアルコイルでも綺麗に収めることのできる器用な子なんです。

それに加えて、味の出方も大変よろしい。

さらにさらに、Oumier(←オウミャーにしか読めない)と言えば、お財布に優しい高コスパメーカー。

もっと早くに手に入れておけばよかったと思えるRDAでした。

スポンサーリンク
Posted by Google Adsense


付属品

  • VLS本体
  • マニュアル
  • Angorabbitコットン
  • 付属品
    • Oリング×4
    • クラプトンコイル×2
    • イモネジ×4
    • BFピン

付属品に関しては一般的な内容と言っていいと思います。

Angorabbitのコットンは、色々物議を醸しているコットンみたいですね。

詳しいことが知りたい方は、Youtubeで関連動画を確認してみてください。

YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

さて、アンゴラビットコットンはともかくとして、さっそく本体を詳しく見ていきたいと思います。

かなりゴツイデッキだったりもしますが、一応形状としては簡単に4ピースにまで分解できます。

ポジティブピン

写真で確認する限りは、飛び出ているのは飛び出ています。

ですが、あまりハイブリッド接続のメカニカルMODでの使用をオススメするわけにはいかない飛び出方になっています。

個人的にはテクニカルのみで使用するレベルかなとは思います。

トップキャップ裏

クリアなキャップなので分かりにくいかもしれません。

ドーム型とは言えませんが、かといって特筆すべき特徴もありません。

エアフロー

トップキャップとデッキの穴を合わせて調整するパターンのRDAです。

ただ、エアフローの調整幅はかなり狭いです。

全開状態でも、若干抵抗を感じるDLという感じですので、私は調整の必要を感じませんでした。

全開でちょうどいいドローなのではないかなと思います。

デッキを側のエアホールを確認してもらえれば分かると思いますが、若干下向きに吹き込む構造になっています。

こういったエアの入り方は、必然的にリキッド漏れにも強くなります。

上からドバドバとリキチャしても、下に落ち切らなかったリキッドが出てくるという心配がなくなります。

デッキ構造

かなりメカメカしいデッキとなっています。

中央付近がえぐれている形となっていて、この部分の深さが約7mm。

かなりの量のリキッドを保持してくれると思います。

イモネジを開けていくと、さらにメカメカしさが増しているような気がします。

ロボットのガス抜きというか、「プシュー」ってなっている状態みたいです。

そして、上のコイルレッグを固定する部分ですが、しっかりと本体側にもスレッドが切ってあるのが確認できます。

コイルレッグを適当に置いてイモネジを締めても、しっかりとキャッチしてくれそうです。

下の段の方は、残念ながら本体との隙間が若干生まれてしまいます。

ですが、外に逃げにくくなるように淵は山なりになってはいますね。

そして、VLSの最大の特徴が、デッキがコンタクトベースと分離するということです。

こうすることで、バーチカルコイル(縦置きコイル)にしたときに、ウィッキングがしやすくなるという利点があります。

左側の凹んでいるのがネガティブ側で、右の飛び出ているのがホジティブになります。

この飛び出ているネジの頭部分がコンタクトベースと接触し、電気回路を完成させるという仕組みになっています。

こんな感じに組んでみました

オーソドックスにデュアルの横置きコイルで組みます。

まずは下のコイルから。

上のコイルは最終的に下に落とすので、コイルを緩めに巻いておく方がいいかもしれませんね。

上のコイルはそのままだと位置的に高すぎる気がしますので、コイルジグなどを使ってギュギュっと下に落として高さを調整します。

コイルレッグの処理ですが、ちゃんとデッキが考えられています。

デッキに寄せてワイヤーカッターを使用すれば、余分なコイルが残って他の部分に接触するということにはなりません。

高さと位置はこんな感じにしました。

コットンは両側から垂らしてもよかったのですが、上のコイルのコットンの位置がなくなってしまいました。

なので、下のコイルは片方だけ下に落として、反対側は短くカットしました。

そして、上のコイルのコットンは、下のコイルと反対方向のコットンを下に落としました。

これでもしっかりと下からリキッドを吸い上げてくれましたし、問題なくVAPEできましたので、このウィッキングもありなのではないかと思います。

実際に使ってみて

大変よろしいRDAでございますことよ。

まず、エアフローが日本人VAPERにはちょうどいい設計になっているように思います。

最近の24mmアトマイザーは総じて爆煙志向となっており、ドローがスッカスカなものが多くなっています。

基本的にはエアホールを締めるなどして調整していくのですが、エアの当たり方などを考えると全開が適しているものなどもあったりします。

それが、このVLS RDAなら全開でも抵抗感を感じるDLにピッタリのドローとなっています。

それに、シングルでも組めるという点もポイントが高いです。

24mmで純粋なシングルコイルアトマが見当たらないので、シングルコイルLOVEなVAPERにもオススメできます。

ちょっと注意!

この特殊なポジティブとネガティブの接続方法ですが、ちょっとだけ注意が必要です。

「エアをちょっとだけ絞ってみようかな」と思ったりして、トップキャップを回すことがあると思います。

構造上、エアの調整はトップキャップを右向きに回したくなるのですが、そこは頑張って左向きに回しましょう。

というのも、デッキとデッキベースの接続が逆ネジになっているので、右方向に回すと緩んでしまう恐れがあります。

緩んだということに気づければいいのですが、気づけなかった場合には大変です。

接触不良だけで済めばいいですが、アトマが熱を持ったり、MOD(電池)に変な負荷がかかったりする可能性もあります。

その点だけお気をつけなすって!

ここで買えます

FastTech(約18ドル)

3AVAPE(ログインして約17ドル)

楽天(ぬるしぐ)(約3000円)

Amazon(約4000円)

こう見ると、海外通販って安いよなぁと思います。

そして、ぬるしぐさんって価格設定大丈夫なのかなぁとも思いますね。笑

海外通販を始めてみようと思う方は、こちらもチェック!

英語が苦手な人にとっては、海外通販サイトの会員登録が一番大変ということもあるかと思います。でも、実はその会員登録というのは日本人向けだということを知っていましたか!?
「英語が苦手で海外通販はちょっと…」と思っていたあなた!The sauce LAのサイトを使って、英語のお勉強をしてみましょう。その他海外通販サイトも大まかには同じような表現が使用されています。これを機に、海外からコスパよくVAPEグッズを手に入れるのだ!
日本ブログ村
スポンサーリンク
Posted by Google Adsense


シェアしてみる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Health Cabin Special Coupon

スポンサーリンク
Posted by Google Adsense