Hadalyキラー【Oumier】Wasp Nano(ワスプナノ)レビュー

シングルデッキで、サイドエアフローで、BF(ボトムフィーダー)対応で…って、Hadalyやないかーい!とツッコミたくなる関西人は私だけではないはず。

安いと言われているHadalyですが、それでも8000円以上しますので、私の感覚からすると全然高い

SNSなどでみんながHadalyでVAPEしているのを指をくわえてみていたわけですよ。

そしたら、聞いたこともない見たこともないOumier(ウーミエアー←こういう発音をするそうです)というメーカーからWasp NanoというRDAが発売されました。

定価で買っても2000円を切ってくるシングルコイルRDA。

セールになろうもんなら、1500円を切ってきましたね。

コスパに関しては抜群にいい価格てございます。

「今買わずして、いつ買うのか、エイヤー!」

と、3F VAPEで購入しました。

他の通販サイトを見てみましたが、そのときは3F VAPEが最安値で1400円を切るか切らないかという価格でした。

(持ってないので比較はできませんが)Hadalyキラーとなりうるのでしょうか?

さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク
Posted by Google Adsense


付属品

コットン、予備Oリング×2、BFピン、デッキ固定予備ネジ、予備芋マイナスネジ×2、マイナスドライバー

ビルドに必要なものは一式入っているようです。

付属のマイナスドライバーもありがたいのですが、グリップ部分も小さくて使いにくいです。

100均のものでいいので、自前の精密ドライバーを使用した方がビルドしやすいと思います。

見てわかる通り、ドリップチップなしで直接ミストを吸い込むRDAです。

ですが、サイズは510ドリップチップが入るサイズになっていますので、好みに合わせて取り付け可能です。

う~ん、考えられていますね。

エアフロー

エアフローはDL向きです。

全開だとストレスなく吸いこめますが、かすかに抵抗を感じる程度です。

↓これが全開

↓これが全閉…ん?

って、全部閉まらんのかーい!

まぁエアフローですからね。

エア(空気)がフロー(流れる)してくれないとこちらとしても困るわけですよ。

RDAですから、そもそもリキッド漏れの心配もないわけですし、これはこれで正解な気がします。

個体差かもしれませんが、全開にして吸うと「ヒュー」という高い笛のような音が少しだけします。

でも、全然無視できるレベルです。

デッキ構造

まずはトップキャップ裏。

しっかりと段差なくミストが上がっていく構造になっています。

続いてデッキ部分。

ウェルはそこまで深くありませんが、たくさんジュースを保持させたかったらタンクを使えばいいわけで。

それなりのウェル(4mm程)があるのでRDAとしては十分。

コイル固定部分です。

コイルレッグが逃げないように、外側が少し盛り上がっています。

そして、デッキの内側をよく見ると分かるのですが、ネジ山が切られています。

別角度から↓

このネジ山があるということは、イモネジがデッキのツラツラまで迫っているということです。

なので、コイルを固定するときは思いっきり壁に当てながらネジを締めても大丈夫という安心設計。

う~ん、これはビルドも簡単そうですね。

こんな感じに組んでみました

シングルコイルにしてはイモネジの間隔が広いので、カンタル26Gパラレルで7巻(3mm軸)してみました。

これならちょうどコイルレッグの調整も不要ですし、ミスト量も期待できます。

高さはこれくらいに設定します。

エアフローから除くと、ちょっとだけ下が開いてるぐらいですね。

しっかり空気がコイルの下から上にあたるように配置してみるイメージです。

大体0.5Ωになりました。

実際に使ってみて

私はHadalyも使ったことがなければ、ハイエンドアトマなんて使ったことがないのですが、絶対にそれと同じくらい美味しいと言えます!(比べられないけどね!)

ミスト量もしっかりありますし、背が低いアトマですが、ミスト温度も熱くありません。

ドリップするときは、上からちょちょっと垂らすこともできます。

ただ、ちょっと背が低すぎるので、MODをそのまま咥えるイメージに近い形でVAPEしなければなりません。

ちょっと吸いにくかったので、適当な510ドリチをつけて吸ってみます。

これぐらいの距離感の方が吸いやすい&ファイヤしやすいと思います。

難点がひとつだけ。

吸っていくうちに、ミストの影響でOリングが濡れてくるんです。

その影響で、トップキャップがとっても取れやすい状況になります。(個体差かも?)

全く抵抗なく取れてしまうというわけではないのですが、もう少し踏ん張ってくれる方がありがたいですし、伝い漏れの心配もなくなります。

と、ひとつだけ難点はあるものの、1500円でおつりが出る価格でこれだけ活躍してくれれば、「もう何も言えねぇ…」

安くてしっかり味も出てくれるので、もう少ししたら比較検証用にもうひとつぐらい買っておこうかなと思います。

私はここで買いました

冒頭でもいいましたが、多くのサイトで販売されていますが、私が知る限り底値は3F VAPEさんでした。

3FVAPE – wasp nano

GearBestでも、Fasttechでも、大体似たような価格設定になっています。

FastTech – wasp nano

GearBest – wasp nano

国内通販では、ぬるしぐさんの一人勝ち状態です。


OUMIER WASP NANO 22mm RDA

日本ブログ村
スポンサーリンク
Posted by Google Adsense


シェアしてみる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Health Cabin Special Coupon

スポンサーリンク
Posted by Google Adsense