【4/10】Ploom Techにする?iQosにする?それとも…

吸いたい、でも吸えない。

そんな中、次世代タバコとして注目されていた2つについてリサーチしてみました。

それがPloom TechとiQosです。

まずは、世間的にも多くの人が利用しているiQosについて調べました。

簡単に言うと、煙草の葉を熱して(蒸して)、蒸気を吸うというのがiQosの仕組みでした。

燃やさないので有害物質も少なく、匂いも比較的少ない。さらに、コンビニで購入可能という点がメリットとしてあります。

ですが、ネットで調べる限り、iQosは少なからず煙草の匂いがする、との非喫煙者からの書き込みが多数ありました。

まぁ煙草葉を熱するのですから当然ですよね。

匂いがすると、非喫煙者である妻に確実にバレます。

それだけは絶対に避けなければなりません。

Good bye, iQos…

もうひとつのPloom Techですが、これはほとんどVAPEと同じ仕組みですね。

カートリッジ内にあるスポンジに、液体が染みこませてあります。

そのスポンジを熱することによって、蒸気を生み出します。

そして、その蒸気を煙草葉に通過させてニコチンを摂取する。

メリットは、煙草の臭いは全くしない。ただ、デメリットとして、本体及びカートリッジも通販のみという点です。

入手性が悪くとも、妻に隠れて煙草を楽しむということが最優先でした。

まぁ入手するまでに非常にたくさんのハードルがありました。簡単に言うと、デメリットとして挙げた入手性の悪さが、存分に生かされてしまった形になります。

2か月程の期間を経て、ようやく手に入れたPloom Tech。

意気揚々とパッケージを開封し、緊張の一服。

「うへぇ、マッズ・・・」

(劇的Before Afterの音楽を脳内に流しながらお読みください)

苦節2か月、数々の登録や抽選を経て手に入れたPloom Tech。

フレーバーも無難なレギュラーを選択した依頼者。

何ということでしょう。

煙草の風味はどこへやら。

変なお茶っ葉を蒸したような煙が口いっぱいに広がります。

依頼者も苦悶の表情です。

それほど不味かったのですが、慣れるまでの辛抱と思い1週間ほど我慢して吸ってみました。

時間が経っても不味かったのです。

せっかく苦労して手に入れたPloom Techですが、早くも嫌になってしまいました。

「ここまでやったんだから、どうにかして吸ってやる!」

鼻息荒く、Ploom Techに代わる疑似煙草を探す旅は続きます。

そこで白羽の矢が立ったのが、このブログのメインでもあるVAPEです。

次回からは、ようやくVAPEに関してのお話をさせてもらおうと思います。

P.S. ここまで書いてて気づきましたが、元喫煙者の根性たるや、恐ろしいですね。笑

日本ブログ村
スポンサーリンク
Posted by Google Adsense


シェアしてみる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Health Cabin Special Coupon

スポンサーリンク
Posted by Google Adsense