60% Off Sitewide, 5-10 Fast Delivery 

進化というか別物【VandyVape】Phobia(フォビア) V2 RDAレビュー

あのPhobiaが漏れにくくなって新登場!?

Phobia RDAと言えば、ボトムとサイドからエアがあたり、かなり味が出ると噂のRDAでした。

その反面、やたらと漏れてしまいそうな構造となっており、海外の短気YouTuber、Jai Haze(ジェイヘイズ)さんもブチ切れていました。

この人はよく分からないポイントですぐにキレて、すぐに壊しちゃう人です。

この人にとってのPhobia V1のブチ切れポイントは、ちょっとリキチャしただけで漏れてきたのがどうにも耐えられなかった様子。

そんなPhobiaが新しくなって帰ってきました…というか、構造を見た限りでは全く別のアトマイザーと言ってもいいかもしれません。

スポンサーリンク
もしも



付属品

  • Phobia V2 RDA本体
  • コイルツール
  • クラプトンコイル
  • 交換用ドリチ×2
  • マニュアル
    • マイナスドライバー
    • プラスドライバー
    • 六角
    • イモネジ×4
    • BFピン
    • 交換用Oリング

ドリップチップが合計で3つ付属してきます。

琥珀色のウルテム?素材のものが一番低くなっており、白いものが一番背が高くなっています。

デフォルトの黒いドリチは何やか歯車みたいな装飾がついていますが、機能面に関しては関係ありません。

パーツは全部で4つに別れます。

この時点でなんとなくTASTE RDAに似ているので、味の出方にも期待が持てます。

ポジティブピン

バッチリ飛び出たポジティブピン、目視余裕のインシュレーター、いい感じです。

ハイブリッドセーフティーなポジティブピンです。

最近はなかなか見ない調整可能なポジティブピン

メカニカルで調整が必要な場合があるかと思いますが、十分な出代があったので必要ないかも?

その下にあるポジティブピンを取り出して、BFピンを装着します。

こちらも問題ない出方ですね。

メカスコもバッチコイです。

リキッドの出口そのものを目視はできませんが、屋根のようなものでカバーされています。

この屋根のおかげで、どれだけ強くリキチャしても噴水のようになることはないでしょう。

出てきたリキッドは左右のウェルに落ちていく仕様で、多少のリキッドは保持できます。

トップキャップ裏

アールのかかり方はキレイなのですが、天井部分は真横に伸びています。

ドーム型がどうのこうの言われていますが、正直そこまで味の出方は変わらないかなと。

エアフロー

トップキャップとミドルパーツを組み合わせてエアの量を調整します。

エアの入り方は、真横からコイルに当たるのではなく、少し上から吹き込むように角度が付いています。

そして、吸い込んだ空気も真ん中に集約する形になっています。

かなり冷却効率は良さそうですが、コイル位置には気を使いそうです。

デッキ構造

隠れたPhobiaのロゴの部分に切り込みがついており、アトマを外しやすくなってます。

その切り欠きに合わせてデッキとキャップを組み合わせます。

このような感じに組み合いますので、おおよそのコイルの場所を予想します。

付属の六角でイモネジを開いていきます。

ナメてしまうことはなさそうですが、道具が1つ増えるという点ではマイナスポイント

イモネジを取り外さなくてもここまで開きます。

実用性のあるクラプトンコイルなら問題なく固定できるはず。

こんな感じに組んでみました

とりあえず、いつも以上に長めにコイルレッグを残して巻いてみました。

ここで活躍するのがこのトリミングツール。

足の長さを適切な長さでカットします。

Phobiaは矢印のついた8mmの長さでカットします。

はみ出た部分をツラで切るだけ。

切ったらデッキに固定するだけ。

ジグは無くても、なんなら無いほうが固定しやすかったです。

しっかり固定できたら、ジグを通して位置を調整します。

ミドルパーツをつけてみて、コイル位置を確認します。

内径3mmの26G(Ni80)で巻いていますが、まだまだコイル同士の隙間がありますので、太めのコイルでも十分デュアルで組めると思われます。

抵抗値はこんな感じ。

一段下がったところにウェルがありますので、その底につくようにコットンをカットします。

実際に使ってみて

充実の付属品

ドリチが3つも付属して、簡易ですがコイルトリミング用の台も手に入ります。

最近は、ポストレスデッキが増えてきましたので、コイルトリミングツールを買おうかなと思っていました。

というか、実際に購入していました。

確かに便利ですが、長さが計ることができればどんなものでも大丈夫です。

Phobia V2に付属してくるトリミングツールで他のアトマのビルドに転用できますので、オマケとしてはとってもありがたい。

爆煙仕様と思いきや、しっかりと味も堪能できる

確かに爆煙ユースに向いているとは思います。

エアが全開ならほぼ抵抗なんてものは感じません。

ただし、エアを絞っていけばしっかりと調整が効いていき、抵抗感を感じるドローに調整することができます。

さすがにMTLでの使用には向いていませんが、DLであればある程度の幅を持たせた使用が可能です。

ここで買えます

ベプログショップ

ベイプ VANDY VAPE【Phobia V2 RDA 24mm BF対応】アトマイザー フォビア バンディーベイプ  [Q-17宅配便]
created by Rinker

日本ブログ村
スポンサーリンク
もしも



シェアしてみる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Health Cabin Special Coupon

スポンサーリンク
もしも