Health Cabin 9th Anniversary

Coupon Code : aspire25   Date: 14-20

誰でも簡単まっすぐに!【ビルド道場】バーチカルコイル

いつものビルドとちょっと違ったバーチカル

どうも、いつもコイルは横向きに置いている系VAPERのKoです。

とはいっても、大体の方はそうだと思います。

その方が簡単ですから。

ですが、たま~にビルド熱が再燃して変わったコイル巻きたいな~ってなりませんか?

私はなります。笑

そんなときにバーチカルコイル、いわゆる縦置きのコイルに挑戦するのですが、簡単なようでいろいろ面倒だったりします。(不器用な私にはね)

そんな下手くそな私でも一瞬でバーチカルコイルを簡単に設置できる方法を編み出しましたのでご紹介します。

スポンサーリンク
Posted by Google Adsense


完成したビルドがこちら

結構まぁまぁきれいに巻けてると思いませんか?←自己満足…

気づいた方もいるかもしれませんが、このビルド方法ではコイルレッグを内側に持ってくることができます。

そうすることで何がどう変わるかというと、コイルレッグが外側に来ているときと何にも変わりません。笑

まぁそもそもがそんなに難しいビルドではないのすが、誰でも簡単に巻けるバーチカルコイルの設置方法が世の中にひとつぐらいあってもいいですよね!

使用アトマイザー

ベロシティーデッキ搭載のアトマイザーならなんでも大丈夫です。

おそらく2ポールのものクランプ式のアトマでも大丈夫。

今回使用したのは、変なおじさんで有名なWotofoのTroll V2です。

ビルド手順

コイルを巻きます

SS316の24Gで、内径3mmで巻いてみました。

ムチャクチャ普通のコイルです。

【ここがミソ】コイルの固定

こんな感じにコイルひとつ分ハミ出した状態でしっかりと固定します。

もうここからは使う道具はただひとつ、コイルジグです。

それを横から入れるのですが、入れる方向も大事です。

上の写真の場合だと、右から左に向かってジグを通します。

そして…

エイヤッ!っと縦に起こします。

「わぉ!なんて簡単なんだい!」という声が聞こえてきそうです。

原理としては、デッキに固定したまま最後に一回巻いていることになっています。

こうすることで、最後までコイルの形をきれいに保ったままバーチカルコイルを設置することができます。

ついでに、もうひとつのコイルもエイヤッ!としてみました。

誰でも簡単キレイにバーチカルコイルが設置できそうですよね!

焼き入れして…

うむ、いい感じである。

ウィッキング

せっかくなので、チムニーコイルっぽく周りにコットンを巻いてみました。

この「コイルの周りにコットンを巻きつける」という方法がどうにも慣れません。

コイルの周りに上手に巻きつけることができないんですよね。

どなたかコツを教えてくださいませ。

なんとか巻きつけられました。

別に普通に中にコットンを通す方法でもいいと思います。

吸ってみた

うん、味としては何も変わりません!笑

だって、横に置いてあったものが縦になっただけなので、劇的に味の変化を感じられるというものではなさそうです。

ですが、明らかに違うのがスピットバックの量ですね。

そもそもスピットバックになるのはリキッドの入れすぎか、高すぎるワッテージが原因だと思いますが、それがほとんどと言っていいほどありません

バーチカルコイルの場合、どんなにスピットバックが発生しても口には飛び込んできません。

なぜなら、飛沫の跳ねる方向が口の方には向いていないからです。

スピットバックにお悩みの方は、バーチカルコイルを試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

多くの方が最初に挑戦し、中には好んで設置する方もいるバーチカルコイルの設置方法についてご紹介しました。

最初から縦向きにコイルを設置する方法もあるかと思いますが、コイルレッグを内側に収納することによって、見た目にスッキリしたバーチカルコイルに仕上げることができます。

まぁそれも本当に自己満足ですので、ちょっといつもと違ったビルドに挑戦したいと思った時には是非!

スポンサーリンク
Posted by Google Adsense


シェアしてみる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Health Cabin Special Coupon



 

スポンサーリンク
Posted by Google Adsense


コメント

  1. GGE@ より:

    こんにちは。
    私もバーチカル何度か試したのですが、足をラジオペンチで
    コネコネで苦労しましたが、これなら楽に曲がりますねσ(^◇^;)

    コットンも周囲に巻き付けたのですが、これは海外のYouTuberをまねてみたのですが
    やはり慣れしかないかなと想います。ただ問題は、リキチャするときに普通の
    ドリッパーなら上から垂らしてって出来ますが、バーチカルはそれすると
    偏ってしまうので、トップキャップ外さないと駄目でした。

    デュアルをシングル運用、バーチカル運用と一つのアトマイザーで
    なんかいも楽しめるので、いいなって思っています。

    • vapin-on より:

      GGE@さん

      コットンワークが難しいのがバーチカルの難点ですね…
      カッコよくチムニーコイルみたいに周りをコットン囲めればいいんですが、コットンをコイルに密着させないといけないのが難しいところです。
      リキチャに関しては、もう諦めるしかないかもしれませんね…笑