Phobiaの漏れないバージョン【VooPoo】Rune RDA(ルーン)レビュー

Phobiaの弱点を克服したRune RDA

VandyVapeのPhobiaって覚えていますか?

V2ではなくV1(無印)の方のPhobiaです。(現在は廃版となっているようです)

味の乗るRDAだと気になっていたRDAではあったのですが、デッキを見るに明らかな弱点がありました。

リキッド漏れ問題です。

ウェルが浅く、これを漏れずに使用するのは難しいと思って購入を見送りました。

「その弱点を克服した」と言っていいのか、「アイデアをパクった」と言った方がいいのかは分かりませんが、ほぼ最強のRDAと言っても過言ではないRune RDAがVooPooから発売されました。

結論から先に言ってしまうと、本当に味の出る最強RDAと言っていいと思います。

スポンサーリンク
Posted by Google Adsense


付属品

  • Rune RDA本体
  • 六角レンチ
  • ミニマイナスドライバー
  • マニュアル
  • Oリング
  • BFピン
  • イモネジ×3
  • 510変換アダプター

不思議な不思議な交換用イモネジ3つという部分以外、特に変わったことはありません。

ちなみに、イモネジが3つなのは公式HPでもその通りとなっているので、メーカー側のミスというわけではなさそう。

アトマはスルスルと4つのパーツに分解できます。

Oリングも固すぎず緩すぎず、ちょうどいい強度。

分解・洗浄の際にもストレスなく作業できるでしょう。

ポジティブピン

通常コンタクトピン(デフォルト)

ハイブリッドセイフティーなポジティブピン。

間のインシュレーターも目視できますし、メカニカルでの使用も問題ないと思われます。

BFピン

こちらもしっかりと飛び出ています。

付属の六角で付け替えますので、マイナスネジではありがちなリキッド漏れの心配もなさそうです。

リキッドの出口

真ん中のXの字のようにそびえ立つところからリキッドが出てきます。

横のエアホールよりも低くなっていますし、偏りなく左右に満遍なく流れていきそう。

おそろしくウェルも深い(12mm)ので、リキッド保持は相当な量かと思われます。

トップキャップ裏

キレイなドーム型のトップキャップ。

トップキャップの性能とは全然関係ありませんが、このレジンドリップチップの紋様がすごくキレイです。

かなり肉厚なドリップチップが付属します。

エアフロー

エアフロースロットは対面に2つずつ開いています。

取り込む空気量をデッキ部分とのクリアランスで調整します。

ミドルパーツの淵に沿って見ていくと、中央付近に小さな出っ張りがあるのが分かりますでしょうか?

これが切欠きとなっており、アトマを取り外したりするときに引っかかりとなってくれます。

面白いのがデッキ側のエアフロー。

向かって左側のエアフローは右側に流れる仕様になっていますので、エアの流入量的にはエアフロー1つも2つも大差ないと思われます。

そこから入ったエアは、奥の方にギリギリ確認できる2つの上向きのエアフローへ。

エアは真下と斜め下からの2系統でコイルに当たる形になっています。

このあたりのエアの当たり方や、コイルレッグの処理の仕方はほとんどPhobiaと同じな気がしてなりません。

いや、似ているだけなのかな?

デッキ構造

さきほども記述しましたが、ほとんどPhobiaです。

ただ、Phobiaと違うのはウェルの深さ。

深さは驚異の12mmという1cmオーバーの深さ。

セラミックピンセットの白い部分が半分ほど入ってしまうレベルです。

コイルレッグ固定部分には、壁に沿ってネジ山が切ってあります。

これがあるとないとでは、コイルレッグの固定の心配が段違いに違います。

ビルドしてみました

ポストレスということで、最初にコイルレッグの長さをカットしてしまえば、あとは置いてネジを締めるだけです。

ちなみに、足の長さは4mmで切りましたが、ギリギリでいつも生きていたい方は3mmでもいいかもしれません。

4mmでこれくらいの高さです。

斜め下からのエアもしっかりと当ててほしいので、ちょうど2つのエアホールの真ん中を目安にコイルを設置しました。

お決まりの約0.5Ω。

ウィッキング

ウェルがものすごく深いので、かなり長めにコットンは残しておかないとウェルの深さが活かせなくなってしまいます。

ウェルの深さやコイルレッグの長さを考えると、約2cmは残しておいた方がいいのかもしれません。

実際に使ってみて

大きめ&重めなRune RDA

直径も大きく24.6mmという非常に大きい&すごく中途半端なサイズ感。

アトマ自体のの肉厚加減も手伝って、結構ずっしりとした重みもあります。(約50g、一般的には約30g)

Box MODで使用するなら、さほどその違いは感じないかもしれません。

ですが、もしメカニカルMODやチューブ型MODで使用する際には、それなりの重みを感じるかもしれません。

重さもですが直径が非常に中途半端なので、MODを選びそうなRDAではあります。

約束されたフレーバー&ミスト量

Phobiaの味の良さは折り紙つきでした。

そのPhobiaのデッキをモロパクリ…失礼、インスパイアされて設計されたRDAだと思いますので、味に関しては太鼓判を押せます。

ドローも軽い方ではありますが、エアホールは全開でもスカスカというわけではありません。

エアを絞って使えばちゃんと絞ったドローになります。

何よりしっかりとコイルにミストが当たりますので、味もミストも大満足です。

ここで買えます

FastTechGearBest


今回はこちらで購入しました。

既に売り切れてしまっているようですが、本当にギャグみたいな低価格で購入できますので一度覗いてみてください。

スポンサーリンク
Posted by Google Adsense